Jake The Miracle

ブログやるならJUGEM
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 思ったよりも安くない | main | 同じお役所でも・・ >>

松尾芭蕉の世界・・と行きたいところだが・・・

今日は、逗子でヨットセイリングのビギナーコース最終日を終えた
後で、鶴岡八幡宮に寄りたくなったので、鎌倉で下車して鶴岡八幡
宮へ。

お参りしたら、その後は、蓮でいっっぱいの池の中に設けられた
弁財天を祭ったちょっとした浮き島へ。

さすがに、ここまで来ると、観光客もあまり寄ってこないので、
石のベンチの上に座って、しばらく瞑想した。

そうすると、
風で蓮の葉や木々がそよぐ音、油蝉の暑苦しい鳴き声、日暮の涼しそう
な鳴き声、遠くで雲雀の鳴く声が体の奥深くまで染み入り心地よい。
・・・松尾芭蕉の世界・・と行きたいところだが、残念ながら俳句は読め
ない(笑)。

さっきまでも、聞こえていたはずだが、あまりにもよく響くので、非常に
新鮮だ。・・・というか、さっきまでは、徒然な考え事で、心が忙しかっ
ただけなのだろうけど。

マインドの状態には2種類あって、ひとつは想う事(心を使うこと)だろ
う。特に、想う対象を絞って考えるっていうのは、それが良かれ悪かれ想
いを具現化する上では、非常に重要だ。但し、心を忙しく働かせることに
なるので、↑に書いたように、なんて言うんだろう、色々なメッセージを
取りこぼしていたりする。よく言えば、スクリーニング機能が働いて、余
分な情報を全部カットしてくれているとも言えるのだろうけど。

もうひとつは想うのを止めること(心を超えること)。現実には意識があ
る限り想うということは止められないけど、心の中の思考の波風を小さく
することはできる。そうすると、今まで気付いていなかったものが色々と
見えてくる。

何か一つの事に強く・長時間集中して想うことが出来る状態と、何も考え
ない無に限りなく近づく状態っていうのは、心の一番両極端な状態だろう。
たぶん、その幅(ステレオで言えばダイナミックレンジとか、SN比とか
再生周波数帯域みたいなもんか・・・)が広いほど世の中を深く味わう楽
しみが増えるような気がするな。






- | permalink | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

瞑想している姿が、とても清々しそう。
後半の心に関する記述には、想うというより思考が停止してしまいました。
心って深遠なものなんですね。
そして、これでJakeは大海原を自由にセイリング出来る!のですか?。
Jake The 夏男!
Arthur | 2008/08/04 1:59 AM
動のヨットセーリングから静の瞑想へ行くJAKE。いつもやっているから出来ることだとおもう。瞑想の世界への案内ありがとうございます。ときどきこういう経験をするのは良いものだと思います。
chiko | 2008/08/04 3:29 AM
ほんの数分の瞑想でも、たまにやるひとはほんの一握りだそうです。
不思議と落ち着きますよね。
ドピーカン快晴夏空の下のセーリングも最高
どっちもこころに栄養もりもりですね。
いい夏してるな!!
Jef | 2008/08/04 10:22 AM
セーリングだったり、松尾芭蕉だったり、そのバリエーションもJakeの人生を豊かにしている鍵なのかもしれません。素敵です。
それから、「幅」の考え、賛成です!行動も思考も、幅があったほうが楽しそうですね。
Louise | 2008/08/04 3:24 PM
ほんまレンジが広いですね!!!
瞑想ではないですが・・・
五感(今何を感じているか)に一定の時間、集中すると、自然に思考が静まり、いい感じになります(笑
Indy♪ | 2008/08/04 10:14 PM
忙しい現代社会にいると「何も考えない無の世界」ってあまりないような気がします。
Jakeは発想豊かですね。
Wizard | 2008/08/04 10:38 PM
想うのを止めたらどんなものが見えてくるのかな。幅、広げていきたいね。
Reira | 2008/08/07 12:51 AM
心のSN比が大きい程、人間的な魅力も広がりそうですね。
それから鎌倉での瞑想いいですね。
私も鎌倉のあるお寺を散策して、風に静かにそよぐ山の木々を見たときに、まるで神々が宿っているかのような感覚がしたことがあります。
都会の喧騒から離れて、心の赴くままに身をまかせてみたですね。
Kevin | 2008/08/08 1:38 AM
>その幅が広いほど世の中を深く味わう楽
しみが増えるような気がするな。

激しく共感します。


>松尾芭蕉の世界

わびさびって特に現代に(あたすにも)は必要だと感じる。
時間とか空間とか、目に見えないけど確実にあり、
過ぎていくものを感じ取り心を置けるような、そんな人間の幅。
min | 2008/08/08 12:02 PM
>風で蓮の葉や木々がそよぐ音、油蝉の暑苦>しい鳴き声、日暮の涼しそう
>な鳴き声、遠くで雲雀の鳴く声が体の奥深>くまで染み入り心地よい。
日頃、歩いている時って、いろいろな物が見えているのに、音が聞こえているはずなのに、意識しないと気づかないこと多いなぁ〜って、WM始めてから気づきました。
世の中には、多くのギフトが転がっているので、瞑想したときしないとき関係なく、探してみてください。もっと人生が楽しくなると思いますよ♪
saint | 2008/08/08 3:18 PM
ヨットといえばアメリカズカップを思い浮かべてしまいますが、レースだけでなくゆっくりとしたすごし方もあるんですね。
非日常いいですね。
Wizard | 2008/08/19 1:01 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zipangu-jake.jugem.jp/trackback/14
この記事に対するトラックバック